[4歳3ヶ月]新キュア登場に情報管理を思ふ。

姉姫成長記録 comments(0) trackbacks(0) Azusa2号
これ書いてる時点で、今日のプリキュア15分前だったりするんですが。

↑既に新規参入プリキュアのなりきりセットが(予約状態とはいえ)売られてるのよね。
実は、少し離れたショッピングセンターの先々週のチラシで、キャラクターショーやるよって言うんで、名前までモロわかりなわけですが。

まぁ雑誌とかおもちゃ屋さんとか、作中で登場したその日即日で情報(&商品)出さないと、っていうのがあるのはなんとなくわかるんですが、このネット全盛時代だと、私達が昔、新しいおもちゃや作中の新キャラクターが出てくることにワクワクしたあの感じというのは、もう得られないものなのかなあ、と思うと、姉姫やちび姫が少し可哀想になってしまいます。

まぁ、情報の扱い方を逆手にとって、またいろいろとやりようが出てくるでしょうから、今はまだ試行錯誤の過渡期なんだな、と思う事にはしてますけどね。

問題は、大人が見つけない段階で子供自身が情報を探し当ててしまった場合の対応だなあ。
子供に「大人が演じてる子供だましにつきあってね」って言うの難しいんですよね〜。

そんな取り越し苦労を、今から脳内シミュレートしている母です(笑)。

[4歳1ヶ月]ドラム式洗濯機はティッシュブリザードを抑制する?

姉姫成長記録 comments(0) trackbacks(0) Azusa2号
今、幼稚園で「ティッシュ交換」なるものが流行ってまして。
ほら、幼児・女の子向けのティッシュって、可愛いキャラクターがプリントしてあるじゃないですか。
あれをプレゼントし合うのが流行りみたいです。

(まぁ親の側としては、それに合わせてティッシュをバリエーション多く調達しなくちゃいけないんで、少々面倒なんですが(本音))

でもね、姉姫は年相応にというか、結構アバウトな性格なので。
せっかくもらったティッシュ、幼稚園のスモックのポケットの入れっぱなしにしちゃうんですよ。
クシャクシャにしちゃうのみならず、幼稚園から帰ってきてそのまま洗濯機に入れちゃうのもザラ。
「幼稚園に行っているんだから、お片づけと準備は自分でする」というルールを我が家では設定しているので、幼稚園から持って帰ってきた洗い物は基本的に本人が片付けさせているので、実は私のチェックの目は、洗濯機を回し終わるまで行き届いていません。うっかりポケットに入っていたものは、何であろうと、洗濯が終わるまでサルベージされない状態なのです。(まぁそれも含めて自己責任、というルールにしてあるのですが)

でもね、それやられちゃうと、洗濯物がちぎれたティッシュまみれになる、はずなんですよ。(命名:ティッシュブリザード)
というか、従来型の縦型洗濯機で、ポケットにティッシュ入れっぱなしで、私は何度怒られた事か……。

しかしながら。
我が家で現在使っているドラム式洗濯機(日立製BV-01。今は上位機種になってるかも)では、どうやらティッシュは洗濯物の中に散らばらず、パッキンの隙間に落ち込むだけで、周りへの被害が今のところゼロなのです。
うっかりティッシュが入っていても「あ、入っていたんだ」だけで済む。
洗濯機に入っていたものを全部念入りにはたいて、取れない奴はガムテープで無理矢理除去し……という面倒な作業が一切必要ない状態なんですわ。
ドラム式特有の「タタキ洗い」という性質から来るものなのでしょうが……いや〜、ありがたやありがたや。
ティッシュブリザードは就園・就学時期の子育て家庭にはありがちの事故だから、それを思うと、子供がその年齢になるころまでに洗濯機を買い換えるとしたら、断然ドラム式洗濯機がいいよ、と宣伝しちゃってもいいくらいです。
……衣服の痛みは若干早い気がするので、そこらへんは善し悪しですが。

ちなみにこのドラム式洗濯機、実は姉姫が産まれた時に、出産祝い代わりとお義父さんが買ってくださったものなんです。
今まで使っていた洗濯機よりも容量が増えて、しかも乾燥機能までついたし、風呂水取りも専用ポンプで監視不要になったしで、本当に大助かりだったんですが、今になってこんな役得がさらについてくるとは。
本当にありがたい限りですよ。

[3歳7ヶ月]ゴミ拾いであったちょっとイイ事

姉姫成長記録 comments(0) trackbacks(0) Azusa2号
道を歩けば相も変わらずゴミハンターな姉姫。
今日も、買い出しの帰りにゴミを見つけては「あー!落ちてるー!」と拾ってきます。

私としては「捨てる奴が悪い。でもそれを放置するのも(子供の教育上)良くない」というスタンスなので、姉姫が拾ってきてしまったものに関しては、
・私の両手が塞がっている(姉姫にゴミを持ち歩かせると持ち物に注視し過ぎてしまって危ないし、特にちび姫前抱っこしていて買い物袋両手なんてシチュエーションだと持てないし)
・私が拾えないような位置にある
・濡れていたり泥まみれだったりして、下手に持つと自分たちの手や服が汚れてしまう
・お店に行く途中やバス等公共交通機関を使う時など、自分たちの責任において捨てられない場所に行く(すぐに処理したり家に持ち帰ったりできないので、少なからず他の人に迷惑をかけてしまう)
場合を除いて拾って来るのを許可しています。
正直言って「子供の目に付くところに捨てんなよ!」と捨てた奴への憤りはあるのですが、それを見てなおかつほったらかす姿を、子供に見せるのも良くないよなあ、というのがあるので。
出来ることに制限はあるけれど、自分が無理ない範囲でなら、という形で拾って処分をしています。

今日も今日とて、そんなゴミがありまして。
しかもおそらく二・三人前の食い散らかしゴミ。
近所の大学のバス停に近い道だったから、きっと心ない学生さんの仕業かなあ、と思いつつ、捨ててあったビニール袋そのままに、詰め込めるだけ詰め込んで行こうとしたら。

ビリっ

「あ、やばっ」

劣化していたビニール袋の一つが破けてしまいまして。
(ていうか、劣化するまで置いてあったんだよな、というのもまたいやな話ですが)

こんな時に限って、いつもバッグに仕込んでいるビニール袋は、買い物していて足りなくなったマイバッグ代わりに使っている始末。
辛うじて持てなくはないし、両手で抱えてなら家までなんとかなるかなあ、と思って、そのまま抱えていきました。
ちび姫は抱っこ紐で括っているし、姉姫も「お母さんから離れないで歩いてね」と言えば、どんな道でもちゃんと実行してくれるからこその芸当ですが。

そうしたら。

バス停でバス待ちをしていたおばあちゃまの一人が「よかったら使って!」と、ご自分が持ち歩いていたらしいビニール袋を下さいまして。

いや〜、両手で持たないと危なかったゴミがキレイに一つにまとまりまして。
メチャクチャ助かりました。

その後も姉姫はゴミハンターとして優秀きわまりない働きをしていたのですが、それも全てカバー出来ましたし。

いつも出来る範囲でしかやっていないゴミ拾いだけれども、ゴミ大量という不快さ以上に、大きな親切をいただいたという、いい気分で帰る事が出来たのが何より大きいです。

良いことを頑張っていれば、それを応援してくれる誰かが絶対にいるんだよ、っていうこと、姉姫にも少し伝わっているかな?

それに、私自身も、ゴミ袋を下さったおばあちゃまみたいに、自分の出来る範囲でさっと手助けできる人間になりたいなあ、としみじみ思った次第です。

[3歳6ヶ月]○×ゲームを教えてみた

姉姫成長記録 comments(0) trackbacks(0) Azusa2号
 ジャンケンするのは好きだけれども、如何なる場合でも「自分が勝ち」で、「勝たない」とムキーっ!となる姉姫ですが、そろそろ「ルールのある遊び」をやらせたいなあ、と思い、夜、戯れに「○×ゲーム」を教えてみました。

 実は、オセロ(リバーシ)は既に教えているけど、コマひっくり返すのが楽しいだけで、ルールは全く把握してない状態だったので、このくらい簡単な方がいいのかな、と思ってみたり。

 おえかき先生の上に二本×二本の線引いて、姉姫におえかき先生(ツーカラー先生)の赤ペン持たせて「交代で○と×を書いていって、先に三つ並んだ方が勝ちだよ」と簡単に説明して、いざトライ。

 何かを書くのがとにかく好きな姉姫、最初はノリノリでやっていました。
……が、ここで大きな落とし穴。

「三つ書けたよ。どっちが勝ち?」

 三つ連続させるのが目的で、三つ書いたらどうこうって言うんじゃないんだぁああ〜!

 もう一度「三つ並んだら勝ちなんだよ」と言って、見え見えの勝ちに誘導してあげて、それで何とか姉姫の「勝ち」に持ち込みまして。

 ふうう〜、勝たせるのが難しいぃ〜!
 先手優位のハズなんだけど、先手がよくわかってないと、勝てないもんなんだなあ、コレ(爆)

 結局、姉姫が「勝てる」ようにいろいろ手取り足取りしないとまだまだ「ゲーム」にならないという事がよくわかりまして。
 ヒマを見て何度かプレイしてやるのがベストかもしれないけどね。

 それと、将来的に、ゲームとしての幅を広げるなら、三本×三本(要するに4×4のマス目)にして、三個先取、とやった方が面白いのかも、と思ってみたり。

 それにしたって、もう少し「ルール」というものがわかるようになってからだわね(嘆息)


 余談ですが↓これ、オススメ。
 せめてオセロのルールがちゃんと把握出来るようになったら遊べるかな。


[3歳6ヶ月]運動会!

姉姫成長記録 comments(0) trackbacks(0) Azusa2号
「こっきけーよー」とか「●●ぐみきじゅん、たいそーたいけーにならえ!(●●組基準、体操隊形に倣え?)」とか「おーえんみんなありがとお!」とか、自宅で数々の練習(?)を積み重ねてきた運動会がようやく開幕!
 前日からじぃじも泊まりに来てくださって、
(遠方なんで朝イチで来ようとすると遠いからなんですけどね(^^))

 しかし、なんですか、このピーカン晴れは!
 先週の週間予報がぶっ飛ぶくらいの晴れっぷり!
 あまりの晴れっぷりに、旦那が一度テントを取りに戻ったくらい。
 正直、昨年、未就園児競技に出るので参加した時、キャンプ用のテントやらテーブルセットやらを持ち込んでいる人がいて「うへぇ、そこまでやるぅ?」と思っていたのですが、まさか自分たちもそんな事するハメになるとは思ってもみませんでした。
 ていうか、「来年は(写真撮影用に)脚立がいるな」なんて素で言い出している旦那。……というか彼はカメラ(買ったばっかのデジタル一眼レフ&20倍ズームのデジビデ)を十全に使いこなしたいだけなんでしょうけど(爆)

 クラスでも一番のちびっこさんな姉姫は、数々の場面で先生に手を引っ張られながらも、なんとか無事に競技終了。
 ダンスも、一学期の授業参観の時とは違い、自分から積極的に大きく手を広げて踊れました。
 かけっこも5人中3位をゲット。
 同じバス班の子が何人か、選抜リレーに選ばれていたりして、その走る姿がやたらかっこよかったり。

 スケジュールが押せ押せになっていたり、親子競技が終わって席に戻れるかと思ったら、そのまま一緒に午前最後の親子ダンスに参加するハメになったりと、いろいろ番狂わせもありましたが、概ねいい運動会だったと思います。

……ただ、今年はレジャーシートの上で大人しくしていてくれていたけど、来年になったら一緒に走り回りたがるだろうなあ>ちび姫。

[3歳5ヶ月 ]こっきけーよー

姉姫成長記録 comments(0) trackbacks(0) Azusa2号
運動会練習がたけなわです。
帰りのバスでは毎日爆睡して帰ってくるくせに、家では元気にお遊戯ダンスを歌って踊りまくる我らが姉姫(笑)。
最近では行進の練習に余念がありません。
でも、足を高く上げるのは立ち止まっている時だけで、歩く時足上げてたらコケちゃうよ(笑)。

しかしながら「国旗掲揚」までやるんだねぇ、となんかしみじみ。
自分が幼稚園の時はどうだったかなー。
カトリック系のところだったからなかったかも。

何はともあれ、姉姫人生初の運動会はどうなりますやら……。

[3歳5ヶ月 ]炊飯器で黒豆ホットケーキ

姉姫成長記録 comments(0) trackbacks(0) Azusa2号


毎食毎食「ちゃんと食べなさい!」「野菜食べたくないからって居眠りしない!」と諍いが絶えなくて私も食傷気味だったので、今日は残っていた黒豆の煮物をホットケーキミックスに混ぜこんで炊飯器で焼いてみました。夕飯としては栄養バランス悪いけど、その方が食べてくれそうだったから。

最近買い替えたTIGERの炊飯器(JKJ-A)には、パン焼き機能が標準搭載。
ホットケーキは機能としてないのだが、パンが焼けるならホットケーキ位楽勝よね、と見切り発車してみたり。

ホットケーキミックス一袋に卵と牛乳を標準量、黒豆混ぜて、焦げ付き防止で溶かしバター入れて焼くこと40分。

さすがに標準機能ではないので、中心は生焼け。
ひっくり返して10分焼いたけど焼き色がちょっと付いただけで生焼けは解消されなかったので、電子レンジ(600w2分)で一応食べられる形になりました。
卵と牛乳を混ぜて手伝ってくれた姉姫も、大喜びで完食。

ひっくり返してからの焼き時間とか、もう少し改良の余地があるけど、なんとかやってやれないことはなさそう。
何より姉姫がちゃんと食べてくれてほっと一息です。

[3歳5ヶ月 ]箱の中への感受性

姉姫成長記録 comments(0) trackbacks(0) Azusa2号
この前の日曜日、久々に朝ご飯を早く食べ終わった姉姫、「ぷりきゅあが見たいなー(棒読み)」というので、まぁ珍しく早く食べられたし、今日はどこかに出かける予定もつもりもないし、お父さんは妻子を置いて友達の所に「出勤」しちゃったし(爆)、とOK出しました。
普段も一応「見ていい」事にはしてるのですが、いかんせん姉姫は朝ご飯食べるのが激遅なので、放映時間には滅多に食べ終わらないんですよ(涙)。……前に見たの6月位?

しかし、自分から見たいと言い出すとは……幼稚園で話題でも出たかな?
特に姉姫は3月生まれのちび子ちゃんなので、既に4歳になったクラスメートから「可愛い妹」扱いされているっぽく、その流れで「こういうのがあるのよ」と教えてもらったんじゃないかなあ、と邪推しつつ、ワクワクしながらテレビの前に陣取る姉姫に見せてあげました。

見せている間、私の方は、お邪魔のいない間に朝食のおかたづけ。
何やら変身してる子がもう一人増えてたり(あれー二人じゃなかったでしたっけ?)、変身してないのにキュアなんちゃらと呼ばれてるキャラが出ていたりと、オバチャンついていけないヨ、な状況だったんですが(後でWikipedia様に聞こう)、見ている姉姫は、前半はよかったものの、後半の戦闘シーン突入で妙に曇り顔。
しまいには「怖い……見るのやめるぅ……」とぐずって、必殺技も見ずにテレビ消しちゃいました。
「大丈夫、プリキュアが助けてくれるわ」なんて作中人物っぽく言ってもみたのですが……効果無し。

セルアニメでもこれかぁ……。

「おかあさんといっしょ」 のファミリーコンサート(録画放映)でも、お兄さんやお姉さん達がピンチになると、やたらに怖がってその先を見るのを全力で拒否してしまう姉姫。大きくて強そうで怖そうなものが出てくるだけでダメみたいなんです。
絵本とか読み聞かせだと、ここまで怖がる事はないのだけれど、ホント映像作品は感情移入が深すぎるのか、一度怖がっちゃったらもうダメですね。
(そもそも絵本だとそんなに怖い話が多くないのもあるけど)

大人は勧善懲悪とオヤクソクを知ってるから、どんな展開になっても主人公達が無事でいることを疑わず、むしろピンチの過程を楽しむのですが、姉姫はまだそんな先入観がない真っさらな状態なんだなあ、だから本心から怖がってしまうんだろうなあ、としみじみしてしまいます。

……でもこの前、旦那の膝でエヴァ破見てた時は(顔見てなかったから自信ないけど)平気だったなあ。
だれか抱っこしてないとダメなのか?ただ単に「あれはパパの見るもので、姉姫のじゃないから怖かろうがどうでもいい」 なのか??

姉姫の深い感受性と、作品にのめり込む集中力は、どんな訓練しても得難いものだから、それを悪い形で損なわない為には、なるべく側について、一緒に見てやって、大丈夫だよ、というのを増やしていくべきなんでしょうね。
いろんな作品に触れ、物語に触れ、表現に触れるうちに、育っていくものを大事にしていかないと。

……テレビ見てる間は家事が出来て楽〜♪という本音をひとまずおいておいても、ね(苦笑)

[3歳3ヶ月]今更年少プロブレム

姉姫成長記録 comments(0) trackbacks(0) Azusa2号
 今朝、姉姫突然の登園拒否。
 最初はボソボソと「おかあさんといっしょにいたいの」だけだったのに、布団から引き剥がす最中からワンワンギャンギャン泣きまくり。
 ご飯を食べていてもグズグズ、歯磨きしていてもグズグズ。
 無理矢理着替えさせて、トイレに入れたらもう号泣。
 たまたま通りかかったバス班のお友達に、玄関ピンポンしてもらって、強引にバスに乗せました。
 それでもバスの中で、顔くっしゃくしゃにして号泣。
 なんだか、護送されていくみたい。
 頭の中でドナドナ流れちゃいましたよ。

 先週末、バスに乗ってから泣いちゃったのは見ていたのですが、とうとう本格化したか……。

 もう少しで夏休みなんだけどなあ。
 ここで1週間+1日いけば、それで済むのになあ。
 ついついそう思ってしまうのは大人ゆえ、なのよね。

 やっぱり、病気で10日休んじゃったから、その間、他の子と出来ることの差がすごくできてしまって、それでへこんでいるのかしら?
 ただでさえ3月生まれで、他の子よりもいろいろ出来ない事が多いから、結構背伸びしている(させている)のはあるのですが……。

 それ以上に、家であんまり甘えさせてなかったな、というのは反省点。
 ちび姫が何かと手がかかる時期だから、家だとどうしても私はちび姫の相手ばかり。帰ってきたら「手を洗って!」「お風呂入って!」「ご飯食べて!」とやること多し。
「姉姫なら出来るよ!」で、敢えて手を貸さない場面が結構多かったように思えるのです。
 下手に手を出して、それが習慣づくと困るから……とは思っていたのですが、ちょっとそういうのを超えちゃっているかも。
 幼稚園でも背伸び、家でも背伸び……疲れちゃったかな。

 帰ってきたらもう少し遊んでやろう。
 台所にばかりいないで、もうすこしつきあってやらないと。

 不器用で家事のトロい私としては、睡眠時間を削らないと何かと厳しいですが、今が一番大事な時期だから、出来る限り相手してやらないとなあ、としみじみ感じてしまいました。

[3歳3ヶ月]「あまいおみずをもってくの」

姉姫成長記録 comments(0) trackbacks(0) Azusa2号

 宅配専用「水のクリタのうまい水」を利用していらっしゃるお義父さんから、「サンプル応募券が余ったから」というので、2ケースばかりクリタの水をもらいまして。
 さっそく冷蔵庫に冷やしておいて、麦茶が尽きた時のピンチヒッターとして活躍して貰っています。
 個人的に、パックに入れるのがどーにも上手くいかないので、苦手なんだけどねえ……(^^;
(だから多分自分じゃ申し込まないっす)

 で、今朝旦那がそれ使って薬を飲んでいるところを見た姉姫。
 幼稚園に持っていく水筒に「麦茶入れる?それともお水にする?」と言ったら

「おとーさんののんでたおみずがいいの」

 あーはいはい、クリタの奴ね。

「あまいお水がいいの」

……!!!!!

 この歳にして、水の味がわかるのか……!
 この娘、舌肥えまくりなんですけど……!!

(ていうか「水なんて冷えてればみんな美味いじゃん」とか思っちゃう、貧乏舌の母なんですけど……orz)

 まぁ、うっかり初メロンが夕張だったせいで、青いマスクメロンをメロンじゃなく【キュウリの仲間】と認識していたり、いただき物の佐藤錦がさくらんぼ初体験だったり、初ドーナツがミスドでも箱88円(特売)のミニドーナツでもなくてクリスピークリームだったりするあたり、姉姫の食生活は、ビンボー育ちの私からすると超恵まれていたりするのです。

……普段何かとケチケチで締め付けてるからねぇ(苦笑)
ここぞとばかりに美味い物が転がり込んでくる、ひじょ〜にうらやましい生活をしておりまs。

 まぁ、コープ会での大先輩曰く「男の人にはたま〜に美味い物を食べさせると、それをまた食べたくて頑張って稼いでくれる」というのもあるので、そういうハングリー精神をはぐくむには、多少の「美味しいもの」もいいのかもしれません。

 たまにしか食べられない、ていうのだけは、ちゃんと覚えていてくれよ?



 しかし、宅配専用「水のクリタのうまい水」は、某化粧品メーカーと違って、サンプル送った後にしつこく定期購入勧誘活動してこないから助かるわ〜。
(番号非通知着信拒否で門前払いしていたら保障の限りじゃないんだが、だとしたら普通営業は非通知解除で掛けてくるものなので、本当に勧誘掛けてきてないんでしょうね)
 そこは本当にありがたいし、評価出来るなあと思うのです。……高いけど。

無料ブログ作成サービス JUGEM